未分類

産後に顔のたるみが!?対策方法を教えます

投稿日:

chezbeate / Pixabay

肌のたるみは、肌の弾力を支えている「弾性線維」(だんせんせんい)という網状の膜で出来たコラーゲンやエラスチン、その隙間を埋める保湿成分のヒアルロン酸が不足することで起こります。これら3つの栄養素は、一つでも減ってしまうと、肌の真皮層バランスが崩れ、たるみ、シミ、シワなどの老化現象が起こりやすくなります。

☆コラーゲン量を増やし、活性酸素を減らすことが大事

体内には誰にでも、活性酸素を処理能力が備わっていすが、年と共にどんどん下降していきます。強い紫外線を浴びた後は、活性酸素の処理が追いつかなくなり、体内に活性酸素が溜まります

早い人では数か月で悪影響が現れ、ほうれい線がたるみ、口角が下がり、老けて見られるようになるとか。これ以上たるみが進まないようにするためには、産後は特に良質なたんぱく質やビタミン類、亜鉛、葉酸、鉄、カルシウムなどを積極的に摂りましょう。

特にビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける働きがあるのと同時に、体内の活性酸素を処理する働きも持つことで知られています。

 

☆表情筋を鍛え筋肉をほぐす

産後は、家にこもりがちで、笑うことが少なく、目の下のたるみやほうれい線が目立つようになったという人も多いですね。それは表情筋が衰えたため、たるみが進行しているといえます。

洗顔後、入浴後に表情筋を鍛えて目元のたるみを解消しましょう!いつものスキンケアを終えたら、アイクリームまたはスキンケア用オイルを目の回りに薄くのばします。

まず、眉を指で上に引き上げ、そのままの指で眉のあたりを押さえてから、下まぶたを押し上げる意識で、目を閉じたり、開いたりを10セット繰り返します。

次に、上まぶたの目頭側を中指で押さえて固定します。同時に目尻を人差し指で押さえて上まぶたを左右に伸ばしてください。これを10セット行い、毎日の習慣にして長く続けるようにしましょう。

-未分類

Copyright© 産後の小じわを綺麗にするには!? , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.